現在位置

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 障がい者支援/春日市福祉ぱれっと館
  4. 療育訓練施設 くれよんクラブ


療育訓練施設 くれよんクラブ

最終更新日 平成27年1月5日

親子通園を通して早期療育、指導を行うことで、心身の発達を促し、社会生活、集団生活などへの適応能力の向上を図ります。

「なかなか歩かない」「ことばの遅れが気になる」「友達とうまく遊べない」「名前を呼んでも振り向かない」など、たくさんのお子さんが来所しますが、その保護者の気がかりや願いはさまざまです。子ども一人ひとりの能力や可能性を最大限に引き出し、よりよい発達を支援していきます。

[開所日時]

月~金曜日(祝日、12月29日~1月3日を除く) 午前8時30分~午後5時

[対象]

春日市内に住所を有する心身の発達につまずきのある乳幼児(0歳~就学前)とその保護者

[事業内容・利用定員]
  • 児童福祉法に基づく指定障害児通所支援の児童発達支援事業: 65人
  • 相談事業
[通園部]

小集団での定期的な支援が必要であると判断した場合、子どもの状況に合わせて親子通園の療育を始めます。

  • 日課
    • 午前9時45分~午前10時:登園、自由あそび
    • 午前10時~正午:運動あそび、リズム体操、課題あそびなど
    • 正午~午後1時45分:昼食、自由あそび
    • 午後1時45分:降園
  • 行事

    運動会、夏祭り、園外保育、クリスマス会 など

[外来療育部]

個別の支援が必要だと判断した場合、子どもの状況に合わせた個別の療育を始めます。

運動発達に遅れや障がいがある子どもには、発達に応じた運動訓練や個別の支援を行います。

興味にかたよりがある、注意が移りやすく落ち着きない、人とのコミュニケーションが上手く取れないといった子どもには、個別または小集団で支援を行います。

聴こえに問題がある、吃音(きつおん)や発音が気になる子どもには、個別で支援を行います。

[相談]

心身の発達について心配なことがある場合は、電話での相談に応じます。

[職員]
  • 常勤
    • 園長(子育て支援課長・兼務)
    • 事務
    • 児童発達支援管理責任者
    • 保育士
    • 看護師
  • 非常勤
    • 医師
    • 心理士
    • 言語聴覚士
    • 作業療法士
    • 理学療法士
    • 保育士
[利用までの流れ]
  1. 電話で、来所日を予約
  2. 相談
    1. 面談
    2. 発達検査(心理士)
    3. 診察(医師)
  3. 方針決定(集団療育、個別療育)
  4. 入園申請、決定
  5. 療育開始

※ 療育開始後は利用料がかかります。

[相談・問い合わせ先]

療育訓練施設 くれよんクラブ(春日市役所 子育て支援課 療育担当)

〒816-0824 春日市小倉3-242-1 春日市福祉ぱれっと館3階

電話:092-575-1202

ファックス:092-575-1204

このページについての問い合わせ先

春日市役所 子育て支援課 療育担当
〒816-8501 福岡県春日市小倉3-242-1 春日市福祉ぱれっと館 3階 春日市療育訓練施設くれよんクラブ内
電話:092-575-1202
ファックス:092-575-1204
メールアドレス:kureyon@city.kasuga.fukuoka.jp