現在位置

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 障がい者支援/交通機関
  4. JR(バス含む)の運賃割引


JR(バス含む)の運賃割引

最終更新日 平成29年5月10日

第1種(身体障がい者・知的障がい者)の割引率
対象者 鉄道(普通乗車券) 鉄道(回数乗車券) 鉄道(定期乗車券) 鉄道(普通急行券) バス(普通乗車券) バス(定期乗車券)
小児(12歳未満) 本人単独 5割(片道101キロメートル以上) - - - 5割 3割
介護者同伴 本人 5割 5割 - 5割 5割 3割
介護者 5割 5割 5割 5割 5割 3割
大人(12歳以上) 本人単独 5割(片道101キロメートル以上) - - - 5割 3割
介護者同伴 本人 5割 5割 5割 5割 5割 3割
介護者 5割 5割 5割 5割 5割 3割
第2種(身体障がい者・知的障がい者)の割引率
対象者 鉄道(普通乗車券) 鉄道(回数乗車券) 鉄道(定期乗車券) 鉄道(普通急行券) バス(普通乗車券) バス(定期乗車券)
小児(12歳未満) 本人単独 5割 (片道101キロメートル以上) - - - 5割 3割
介護者同伴 本人 - - - - 5割 3割
介護者 - - 5割 - 5割 3割
大人(12歳以上) 本人単独 5割 (片道101キロメートル以上) - - - 5割 3割
介護者同伴 本人 - - - - 5割 3割
介護者 - - - - 5割 3割

※ 割引適用後の10円未満の端数は、鉄道の場合は切り捨て、バスの場合は四捨五入します。

※ 乗車券購入時に、窓口で手帳を提示してください。

※ 第1種の障がい者(大人)が、介護者同伴で100キロメートル以下の区間を乗車する場合は、券売機で小児の普通乗車券を購入し利用することができます。その際は、改札口で手帳を提示してください。

※ 障がい者1人につき、1人の介護者を付けることができます。

※ 介護者は介護能力があると認められる場合で、購入する乗車券の種類、区間、有効期間が障がい者と同一で、障がい者と同時に購入(使用)する場合のみ有効です。

※ 鉄道の通学定期乗車券を利用する場合は、大学生用を5割引、バスの通学定期乗車券を利用する場合は、通学用を3割引します。

※ 介護者の定期乗車券は、介護者が通学定期の資格者であっても通勤定期扱いとなります。

※ 割引を適用する回数乗車券は11枚つづりのものに限ります。6枚つづり(ミニ回数券)は割引の対象外です。

精神障がい者の割引率(バスのみ)
対象者 普通乗車券、回数乗車券、現金・ICカード 定期乗車券
手帳種別 手帳所持者 割引対象
1・2級(精神障がい者) 小児(12歳未満) 本人 5割 3割
介護者 5割 -
大人(12歳以上) 本人 5割 3割
介護者 5割 3割
3級(精神障がい者) 小児(12歳未満) 本人 5割 3割
介護者 - -
大人(12歳以上) 本人 5割 3割
介護者 - -

※ 割引適用路線は、福岡県(直方線)、佐賀県、長崎県(嬉野線)、鹿児島県(北薩線、定期観光)です。

※ 手帳記載の、等級および有効期限を降車時に提示してください。

※ 障がい者用nimocaカードなども利用できます。

※ 障がい者1人につき、1人の介護者をつけることができます。

※ 介護者の割引は、本人と介護者が同時に同区間、同種類の乗車券類を利用する場合に限ります。

※ 介護者に対する定期券の割引は、通勤定期に限ります。

※ 定期乗車券の発券は、手帳の有効期限内に限ります。

※ 回数乗車券は一旦所定の料金で購入し、使用時に割引を適用します。

※ 割引適用後の10円未満の端数は、四捨五入となります。

[問い合わせ先]
  • 鉄道

    JR九州案内センター

    電話:050-3786-1717

  • バス

    JR九州バス博多支店

    電話:092-641-0500

このページについての問い合わせ先

春日市役所 福祉支援課 障がい担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-584-1127
ファックス:092-584-1154
メールアドレス:fukushi@city.kasuga.fukuoka.jp