現在位置

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 障がい者支援/医療
  4. 自立支援医療


自立支援医療

最終更新日 平成28年1月15日

身体機能の障がいを軽減・除去する治療や手術を受ける場合、または精神疾患の治療を行うために通院している場合に要する医療費を助成します。

[自立支援医療の種類(項目をクリックすると、ページ内の掲載箇所へ移動します)]
[費用負担]

自立支援医療の適用を受けた場合の医療費の自己負担額は1割負担です。ただし、世帯の所得に応じた負担上限額があり、上限額を超える医療費については負担はありません。

自立支援医療にかかる世帯所得に応じた負担上限額
区分 対象者の世帯(同じ健康保険に加入している家族) 負担上限額(月額)
生活保護 生活保護世帯 0円
低所得1 市民税非課税世帯で、障がい者(18歳未満の場合は保護者)の年収が80万円以下 2500円
低所得2 市民税非課税世帯で、「低所得1」に該当しない人 5,000円
中間的な所得 市民税課税世帯で、所得割が23万5,000円未満 健康保険の自己負担限度額と同額(育成医療は経過措置あり)
一定所得以上 市民税課税世帯で、所得割が23万5,000円以上 対象外

※ 「中間的な所得」・「一定所得以上」で、継続的に相当額の医療費が発生する場合は、次の上限額が適用されます。

(例)

  • 心臓(心臓移植後の抗免疫療法に限る)、じん臓、小腸、免疫、肝臓(肝臓移植後の抗免疫療法に限る)の機能障害の人
  • 統合失調症、躁うつ病・うつ病、てんかんなどの人
  • 健康保険の高額療養費多数該当の人
中間的な所得・一定所得区分で継続的医療費が発生する場合の負担上限額
対象者の世帯 負担上限額(月額)
所得割が3万3,000円未満 5,000円
所得割が3万3,000円以上23万5,000円未満 1万円
所得割が23万5,000円以上 2万円

18歳未満で身体障がいのある児童または現状を放置すれば将来障がいが残ると認められる児童が、障がいを軽減・除去する治療や手術を指定自立支援医療機関で受ける場合に、自立支援医療の給付を受けることができます。

[対象となる障がい]
  1. 視覚障害
  2. 聴覚・平衡機能障害
  3. 音声・言語・そしゃく機能障害
  4. 肢体不自由
  5. 心臓、じん臓、呼吸器、ぼうこう・直腸、小腸、肝臓の機能障害
  6. 先天性の内臓の機能障害(上記5の障がいを除く)
  7. ヒト免疫不全ウイルスによる免疫機能障害

※ 確実な治療効果が期待できない治療や手術は対象となりません。

[申請に必要なもの]
  1. 意見書(指定自立支援医療機関で作成されたもの)
  2. 申請書
  3. 同意書
  4. マイナンバー(個人番号)を確認できる次の書類
    通知カード、個人番号カード(顔写真付き)、個人番号記載の住民票の写し
    ※ 本人分だけでなく、保護者、同一健康保険加入者のマイナンバー(個人番号)確認書類も必要です。
    ※ 申請書に記入している場合も確認書類必要です。
  5. 身元確認書類
    個人番号カードや運転免許証、パスポートなど官公署が発行した顔写真付き本人確認書類1点(顔写真付き本人確認書類がない場合は、官公署などが発行した「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された本人確認書類2点)
    ※  代理申請の場合は、代理人の身元確認書類、代理人に委任するための委任状(様式は任意)が必要です。6の委任状(病院送付用)とは別のものなので注意してください。保護者は代理申請とはなりませんので、代理申請のための委任状は必要ありませんが、身元確認書類は必要です。
  6. 委任状(病院送付希望の場合)
    ※ 代理申請の委任状とは別のものです。
  7. 健康保険証の写し
  8. 特定疾病療養受療証の写し(人工透析の方のみ)
  9. 印鑑

※ 本人または同一健康保険加入者の中に、転入した人がいる場合には、前住地から課税証明書の取得をお願いすることがあります。

※ 非課税世帯で、保護者が障害年金、遺族年金、恩給、特別児童扶養手当などを受給している場合は、年金の金額がわかる書類を写しを提出してください。

※ 医療用補装具が必要な人は、別途、申請書と意見書が必要です。

※ 必ず、治療・手術前に申請してください。

[申請・問い合わせ先]

春日市役所 福祉支援課 障がい担当

電話:092-584-1127

ファックス:092-584-1154

18歳以上の身体がい者が、障がいを軽減・除去する治療や手術を指定自立支援医療機関で受ける場合に、自立支援医療の給付を受けることができます。

更正医療の対象となる障がいと医療
障害の種別 対象となる医療
視覚障害 角膜移植術、水晶体摘出、網膜剥離手術、虹彩切除術など
聴覚障害 穿孔閉鎖術、外耳形成術、人工内耳術など
言語・そしゃく機能障害 口唇裂手術の修正、発音口語障害形成術など
肢体不自由 人工関節置換術、関節固定術、関節形成術、術後のリハビリなど
心臓機能障害 大動脈冠動脈バイパス術、ペースメーカー埋め込み術など
じん臓機能障害 人工透析法、腎移植術など
小腸機能障害 中心静脈栄養法
免疫機能障害 抗HIV療法、免疫調節療法、HIV感染に対する医療など
肝臓機能障害 肝臓移植および肝臓移植後の抗免疫療法
[対象者]

身体障害者手帳の所持者

※ 心臓、じん臓、免疫、肝臓機能障害で緊急を要する場合に限り、手帳の交付申請と同時に申請できます。

[申請に必要なもの]
  1. 意見書(指定自立支援医療機関で作成されたもの)
  2. 申請書
  3. 同意書
  4. マイナンバー(個人番号)を確認できる次の書類
    通知カード、個人番号カード(顔写真付き)、個人番号記載の住民票の写し
    ※ 本人分だけでなく、保護者、同一健康保険加入者のマイナンバー(個人番号)確認書類も必要です。
    ※ 申請書に記入している場合も確認書類必要です。
  5. 身元確認書類
    個人番号カードや運転免許証、パスポートなど官公署が発行した顔写真付き本人確認書類1点(顔写真付き本人確認書類がない場合は、官公署などが発行した「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された本人確認書類2点)
    ※  代理申請の場合は、代理人の身元確認書類、代理人に委任するための委任状(様式は任意)が必要です。6の委任状(病院送付用)とは別のものなので注意してください。保護者は代理申請とはなりませんので、代理申請のための委任状は必要ありませんが、身元確認書類は必要です。
  6. 委任状(病院送付希望の場合)
    ※ 代理申請の委任状とは別のものです。
  7. 健康保険証の写し
  8. 特定疾病療養受療証の写し(人工透析の方のみ)
  9. 印鑑

※ 本人または同一健康保険加入者のなかに、転入した人がいる場合には、前住地から課税証明書の取得をお願いすることがあります。

※ 障害年金、遺族年金、恩給、特別児童扶養手当などを受給している場合は、年金の金額がわかる書類の写しを提出してください。

※ 必ず、治療・手術前に申請してください。

[申請・問い合わせ先]

春日市役所 福祉支援課 障がい担当

電話:092-584-1127

ファックス:092-584-1154

精神障がいのある人が、通院による医療を指定自立支援医療機関で受ける場合に、自立支援医療の給付を受けることができます。

[有効期間]

1年間(更新申請は、有効期間終了の3カ月前から可)

[申請に必要なもの]
  1. 意見書(指定自立支援医療機関で作成されたもの)
  2. 申請書
  3. 同意書
  4. マイナンバー(個人番号)を確認できる次の書類
    通知カード、個人番号カード(顔写真付き)、個人番号記載の住民票の写し
    ※ 本人分だけでなく、保護者、同一健康保険加入者のマイナンバー(個人番号)確認書類も必要です。
    ※ 申請書に記入している場合も確認書類必要です。
  5. 身元確認書類
    個人番号カードや運転免許証、パスポートなど官公署が発行した顔写真付き本人確認書類1点(顔写真付き本人確認書類がない場合は、官公署などが発行した「氏名・生年月日」または「氏名・住所」が記載された本人確認書類2点)
    ※  代理申請の場合は、代理人の身元確認書類、代理人に委任するための委任状(様式は任意)が必要です。6の委任状(病院送付用)とは別のものなので注意してください。保護者は代理申請とはなりませんので、代理申請のための委任状は必要ありませんが、身元確認書類は必要です。
  6. 委任状(病院送付希望の場合)
    ※ 代理申請の委任状とは別のものです。
  7. 健康保険証の写し
  8. 印鑑

※ 本人または同一健康保険加入者のなかに、転入した人がいる場合には、前住地から課税証明書の取得をお願いすることがあります。

※ 障害年金、遺族年金、恩給、特別児童扶養手当などを受給している場合は、年金の金額がわかる書類の写しを提出してください。

※ 精神障害者保健福祉手帳の交付申請と同時に申請し、そのための診断書を提出する場合は精神通院医療用の診断書は不要です。

※ 更新申請で、病状の変化および治療方針の変更がない場合は、診断書の提出は2年に1度で構いません。

[申請・問い合わせ先]

春日市役所 福祉支援課 障がい担当

電話:092-584-1127

ファックス:092-584-1154

このページについての問い合わせ先

春日市役所 福祉支援課 障がい担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-584-1127
ファックス:092-584-1154
メールアドレス:fukushi@city.kasuga.fukuoka.jp