現在位置

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 高齢者の健康づくり(介護予防)・高齢者支援/税金
  4. 65歳以上の要介護認定者などに対する税法上の障害者控除について(障害者控除対象者認定)


65歳以上の要介護認定者などに対する税法上の障害者控除について(障害者控除対象者認定)

最終更新日 平成29年2月7日

障害者控除対象者認定とは

精神または身体に障がいのある65歳以上の人で、その障がいの程度が知的・精神障がい者または身体障がい者に準ずるものとして、市町村長の認定を受けている人または当該認定を受けている人を扶養している人は、所得税および住民税の障害者控除または特別障害者控除を受けることができます。

[対象]

確定申告などの対象となる年の12月31日に次の条件を全て満たす人

※ 対象者が年の途中で死亡したときもしくは出国しているときは、その年分については、死亡した日または出国した日において次の条件を全て満たす人が対象です。

  1. 春日市に住所がある65歳以上の人
  2. 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳もしくは戦傷病者手帳(以下「身体障害者手帳など」)の交付を受けていない人、または原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律第117号)第11条第1項の認定を受けていない人

    ※ ただし、身体障害者手帳などの交付または同法による認定を受けていることにより障害者控除の対象となる人のうち、特別障害者控除の対象となる人は申請することができます。

  3. 要介護等認定結果において、日常生活自立度の判定が以下の「障害者控除対象認定基準」に該当する人
[障害者控除対象者認定基準]
障害者控除対象者認定基準
対象者 認定内容 認定基準
障害者控除対象者 (1)知的・精神障がい者など(軽度・中度)に準ずる 認知症高齢者の日常生活自立度判定基準Ⅲ(Ⅲa・Ⅲb)に該当
(2)身体障がい者(3級~6級)に準ずる 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準B(B1・B2)に該当
特別障害者控除対象者 (1)知的・精神障がい者など(重度)に準ずる 認知症高齢者の日常生活自立度判定基準Ⅳ、Mに該当
(2)身体障がい者(1・2級)に準ずる 障害高齢者の日常生活自立度(寝たきり度)判定基準C(C1・C2)に該当
[申請に必要なもの]
  • 「障害者控除対象者認定申請書」(様式第1号)※1
  • 対象者の印鑑
  • 「医師の診断書(障害者控除対象者認定用)」(様式第2号)※1・2

※1 様式は次のダウンロードで入手することができます。また、高齢課窓口(春日市役所1階)でも配布しています。

※2 次に該当する場合は、申請の際に「医師の診断書(障害者控除対象者認定用 様式第2号)」が必要です。詳しくは、問い合わせてください。

  • 要介護認定を受けていない人
  • 約6カ月以内に他市町村から転入した人
  • 春日市内の特別養護老人ホーム、有料老人ホームなどに入所している人で、介護保険の保険者が他市町村の人(住所地特例者)

[申請方法]

必要書類などを郵送または窓口に持参する

[申請の流れ]

基準日:「確定申告などの対象となる年の12月31日」、または年の途中で死亡したときもしくは出国しているときは、その年分については、「死亡した日または出国した日」

申請の流れ
申請の流れを示した図

[ダウンロード]
[申請・問い合わせ先]

春日市役所 高齢課 高齢者支援担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階

電話:092-558-1205

ファックス:092-584-3090

メールアドレス:kourei@city.kasuga.fukuoka.jp

このページについての問い合わせ先

春日市役所 高齢課 高齢者支援担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-558-1205
ファックス:092-584-3090
メールアドレス:kourei@city.kasuga.fukuoka.jp