現在位置

  1. トップページ
  2. 健康・福祉
  3. 高齢者の健康づくり(介護予防)/介護予防
  4. 介護予防に取り組もう


介護予防に取り組もう

最終更新日 平成28年4月1日

介護予防の必要性

高齢者が心身の機能を低下させてしまう最大の原因は、「もう歳だから」「おっくうだから」と身の回りのことや外出をしなくなることにあります。頭や体を使わない生活は、筋力や意欲を低下させ、やがて「要介護状態」を引き起こします。

介護予防とは、「元気な高齢者が、なるべく介護が必要にならないようにする」「介護が必要な人も、それ以上悪化させないようにする」ことを目的としています。

いつまでも自分らしく自立した生活を送るために、介護予防に取り組んでいきましょう。

介護予防の目的

  1. 介護予防に取り組む
  2. 心身機能や生活自立レベルが向上する
  3. 自己実現、生きがい、充実した人生

要介護状態につながる衰弱の悪循環の例

  1. 義歯(入れ歯)の不調。
  2. 食欲が低下して、栄養摂取量が減る。
  3. うつうつとした気分になって、活動量が減る。
  4. 筋肉量が減って、筋力が低下する。
  5. 動くのがおっくうになり、さらに活動量が減る。
  6. 動かないのでお腹がすかず、さらに栄養摂取量が減る。
  7. 体重が減って、さらに筋力が低下する。
  8. さらに動くのがおっくうになり、閉じこもりがちになる。
  9. ちょっとした段差で転んでけがをする。
  10. 免疫力が下がって、風邪をひく。
  11. 肺炎を併発する。
  12. 寝たきりなど要介護状態へ。

介護予防のための個人での取り組み

「要介護状態」になることをできるだけ予防するためには、病気の予防を行うこととともに、よく頭や体を使うことが大切です。いつまでも自分らしくあるために、次のことを実行しましょう。

  1. 積極的に体を動かしましょう。
  2. バランス良く食べましょう。
  3. お口の健康を保ちましょう。
  4. 積極的に外出をし、活動範囲を広げましょう。
  5. 認知症を予防するために、活動的な毎日を送りましょう。

不安感や気持ちの落ち込みがあるときは、早めに相談しましょう。

このページについての問い合わせ先

春日市役所 高齢課 高齢者支援担当
〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所1階
電話:092-584-1111(代表)
ファックス:092-584-3090
メールアドレス:kourei@city.kasuga.fukuoka.jp