現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 市政
  4. 住民票、マイナンバーカードなど旧氏(旧姓)を併記できるようになります


住民票、マイナンバーカードなど旧氏(旧姓)を併記できるようになります

最終更新日 令和1年10月31日

令和元年11月5日(火曜日)から、住民票やマイナンバーカードなどに旧氏(その人の過去の戸籍上の氏)が併記できるようになります。

これにより、婚姻などで氏が変更になった場合でも、従来名乗っていた氏をマイナンバーカードなどに併記し、身分証明とすることができます。併記を希望する人は、手続きが必要です。

旧氏を初めて併記する場合には、本人の戸籍謄本などに記載された過去の氏の中から、一つを選んで併記することができます。

また、併記した旧氏については、変更や削除することができます。ただし、旧氏を変更する場合には、一定の条件があります。

[対象]

春日市に住民登録がある人

[旧氏の記載対象となるもの]

住民票の写し、印鑑登録証明書、マイナンバーカード、署名用電子証明書

[申請方法]

令和元年11月5日(火曜日)以降、本人か法定代理人、または委任状を持参した任意代理人が来庁し、直接申請する

※ 西出張所では受け付けできません。

[必要書類(共通)]

本人確認書類、旧氏が記載された戸籍謄本から現在の氏までの全ての戸籍謄本

※ 法定代理人が申請する場合は、戸籍謄本その他の法定代理人の資格を証明する書類と法定代理人の本人確認書類が必要です。

※ 任意代理人が申請する場合は、委任状と代理人の本人確認書類が必要です。

※ マイナンバーカードに旧氏を併記する際は、必ず本人がマイナンバーカードを持って来庁してください。

[申請・問い合わせ先]

春日市役所 市民課 受付戸籍担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所1階

電話:092-584-1120

ファックス:092-584-1141

メールアドレス:simin@city.kasuga.fukuoka.jp