現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 安全・安心
  4. 全国で高齢者による交通事故が頻発 事故に遭わない、起こさないために


全国で高齢者による交通事故が頻発 事故に遭わない、起こさないために

最終更新日 令和1年8月9日

高齢運転者が加害者となる悲惨な事故が相次いで報道されています。

福岡県内の交通事故死亡者の半数以上は高齢者。春日市内の交通事故に占める高齢者関連の事故の割合も増加傾向にあります。

交通事故に遭わない、起こさないためにできることは何でしょう。

考えてみませんか?高齢ドライバーの運転のポイント

横断する歩行者の安全に配慮

  • 横断歩道に近付く時は、停止線の手前で止まれるよう減速する
  • 横断しようとしている歩行者がいる時は、停止線手前で一時停止する
  • 横断歩道付近では、歩行者がいる「かもしれない」と考えて運転する

体の状況に応じた運転を

  • 車間距離を長めに取る
  • 体調不良の時は、運転を控える
  • 視野が狭くなるため、夜間や雨の日は速度を落とす

交差点では十分に安全を確認

  • 交差点では、停止線手前で確実に一時停止する
  • 徐行や多段階停止を行い、安全を十分確認する

考えてみませんか?運転免許証の自主返納

春日市に居住する70歳以上の人であれば、運転免許証を自ら返納する場合、春日市から、一定の支援が受けられる制度もあります。

自主返納の申請方法

[受付日時]

平日の午前9時~午後4時

[申請場所]

春日警察署(福岡県春日市原町3-1-21)

[持ってくるもの]

運転免許証(有効期限内のものに限る)

[申請方法]

本人が窓口で申請する

※ 返納後に発行される「申請による運転免許の取消通知書」は、春日市での支援申請時に必要です。

ニモカ5,000円分を交付

運転免許証の自主返納日から6カ月以内に手続きをすると、1回に限り、春日市が交通系ICカードを交付します。

[対象]

自主返納日と支援申請日に70歳以上で、春日市に居住する人

[受付日時]

平日の午前8時30分~午後5時

[申請場所]

高齢課(春日市役所1階)

[持ってくるもの]

申請による運転免許の取消通知書(原本)、身分証明書(原本)(※)、印鑑(認印可)

※ 取り消された運転免許証、運転経歴証明書、健康保険証などいずれか1種類です。

[申請方法]

直接窓口で申請する(郵送不可)

自主返納をした赤時 数博(あかとき かずひろ)さん(91歳、大谷地区)の声

自主返納して1年が経過しました。

自主返納をする前は、妻とドライブに行くのが趣味でした。季節ごとに、遠出して、きれいな景色を見に行っていました。

90歳の誕生日を迎えたとき、息子と孫から自主返納を勧められました。これまで事故を起こしたこともなく、判断能力は鈍っていない自信もあったため、まだ大丈夫ではないか、とかなり悩みました。

それでも、息子や孫から「事故を起こして迷惑を掛けてはいけない。1週間に1回くらいは自分らが車で連れ出すばい」と言われ決心しましたが、内心、「これでどこにも行けなくなる」と不安はありました。

免許を返納して1年。車のない生活の不便さには、やっと慣れてきたところです。少し不自由ではありますが、今では電動カートも購入し、毎週のように公民館でサロンに参加したり、買い物に出掛けたりと、楽しく過ごしています。

これまで以上に子や孫が家に来てくれるようになったことが、免許返納をして一番良かったことですね。

考えてみませんか?歩行者として事故に遭わないために

横断歩道を利用する

  • 横断歩道以外での横断は控え、遠回りでも横断歩道や信号機のある交差点などを利用する
  • 駐車車両の直前直後の横断、斜め横断は控える

信号を守る

  • 横断中に信号が点滅したときは、速やかに横断するか、自分の歩行速度を過信せず引き返す

車が止まるのをよく確認する

  • 「止まって、見て、待って」渡る
  • 車道と歩道の段差など、足元をよく確認する

明るい服装や反射材を着用する

  • 夜間に出歩く際は、白や黄色などの明るい服装にして、反射材を身に付ける

問い合わせ先

運転免許証返納について

春日警察署(免許担当窓口)

電話:092-580-0110(代表)

高齢者運転免許証自主返納支援事業について

春日市役所 高齢課 高齢者支援担当

電話:092-584-1111(代表) 

ファックス:092-584-3090

交通安全などについて

春日市役所 安全安心課 防犯安全担当

電話:092-584-1111(代表)

ファックス:092-584-1143