現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 子育て・教育
  4. 子どもと一緒に親も成長! パパの育児休暇


子どもと一緒に親も成長! パパの育児休暇

最終更新日 令和1年5月31日

最近は、男性からも「育休中です」という声が聞こえるようになってきましたが、まだまだ男性の育児休業取得率は、全国的に低い状況です。

夫婦で育児休業を取得することで活用できる制度について、確認してみましょう。

育児休業制度

子を養育する労働者が、その子が1歳(最長2歳)に達するまで、申し出により休業できる制度です。

男性の育児休業取得率は平成29年度、過去最高の5.14パーセント(厚生労働省「平成29年度雇用均等基本調査」)でしたが、2020年までに13パーセントという政府の目標には、まだまだ遠い現状です。

「パパ休暇」、「パパ・ママ育休プラス」制度

この制度は、父親が育児休業を取得することで使える特例の制度です。

  • 夫婦で育児休業を取得すると、育児休業取得可能期間が1歳2カ月まで延長可能

    ※ 1人当たりの育休取得可能最大日数(産後休業含め1年)は変わりません。

  • 父親が配偶者の産後8週間以内に育休を取得した場合、再取得も可能
  • 配偶者が働いていなくても、取得は可能

育児休業給付金

育児休業中の男性にも育児休業給付金は支給されます。

夫婦で育児休業を取得する場合、どちらにも育児休業給付金が支給され、所得税は掛からず、社会保険料も免除、雇用保険料も生じないため、手取り賃金で比べると、休業前の「最大8割」が支給されることになります。

パパの視点 妻と同じ目線で「当事者になる」

子どもは長女(8歳)と次女(6歳)の2人で、育休(育児休業)を取ったのは次女が生まれる時です。

ちょうど、男性も育休を取れるという話が聞こえてきた頃で、「男が育休を取ることができるのか…」くらいにしか思っていませんでしたが、次女の出産予定が12月で、ちょうど年末年始の休みがあるし、そこに一緒にくっつけて、1カ月の育休を取ることにしました。

会社も忙しい時期でしたが、長女も2歳で手がかかる時期でしたし、妻からも「取って欲しい」と言われていたので、「年末の休みと併せてとりますね!」と言い切りました(笑)

実は、休む前は、よこしまな気持ちがありました。「まるまる休んでやれ!」と。

でも、実際はとんでもなく大変で。24時間2人から目が離せない。目を離したすきに、布団が顔にかぶさって息ができなくなっていないか、オムツ替えや夜泣きもあるし、母乳トラブルがあったらどうしようかと心配が絶えませんでした。長女も構って欲しい時期だったし、気が休まる時がありませんでした。

子どもとずっと一緒にいるということは幸せなことですが、反面、ものすごく大変なことだと実感しました。僕は1カ月でしたが、妻はこれがずっと続いていたかと思うと、本当に大変だったなと。

妻からは、「分かってもらえたよね」と何度も言われました(笑)

育児のストレスがピークになっていた時、2人で話し、子どもを寝かしつけた後の少しの時間だけ、お互い好きな事をする趣味の時間を作りました。こういうリフレッシュの時間を意図して作るのはとても大切だと思います。

長女が生まれる頃は、皿洗いをしただけでも驚かれていた自分が、今では朝食も作っています。強要されていたらやってなかったかもしれないけど、自分がやった事を妻が褒めてくれるので、どんどんやるようになり、最近は卵焼きも作れるようになりました。

育休を取って良かったと思うのは、妻と一緒の目線で「当事者」になれたこと。決して楽ではありませんでしたが、一緒に乗り越えた経験は、とても良かったです。

自分を「イクメン」だとは思ってないですし、そう意識すると荷が重いけど、「今の環境で楽しむ!」という視点を持つようになったことは、自分の育児への関わり方が変わった大きなきっかけになっていると思います。

男性から見ると、育休を「ぜいたく」と思っている人は多いと思います。「仕事もしないで、子どもとずっと一緒にいられて幸せだね」と。

でも、そんな人ほど育児をやってみて欲しいです。妻と同じ土俵に立つということを、1回はやってみるべきだと思いますね。

矢野 貴久(やの たかひさ)さん(44歳、惣利地区)

6月23~29日は男女共同参画週間 映画上映会&トークイベント(無料)

[日時]

令和元年6月22日(土曜日) 午前10時~午後0時30分

[場所]

春日市男女共同参画センターじょなさん

[定員]

50人(申込先着順)

※ 託児(生後5カ月以上~5歳、1人300円、先着10人、令和元年6月11(火曜日)までに要申し込み)もあります。

[内容]
  • 第1部:映画「うまれる」

    出産、死産、不妊、障がい…子どもが親を選ぶという「胎内記憶」を通して「生きる」を考える、4組の夫婦の物語。父親としての育児への関わり、祖父母との関わりなどを描いたドキュメンタリー映画です。

  • 第2部:長廣(ながひろ)夫妻(夫婦会議アドバイザー)トークセッション
[申込方法]

令和元年6月21日(金曜日)の正午までに、電話かEメールで住所、氏名、電話番号、託児の有無を伝える

[申込・問い合わせ先]

春日市男女共同参画センターじょなさん

電話:092-584-1201

ファックス:092-584-1181

メール:jyonasan@city.kasuga.fukuoka.jp

問い合わせ先

春日市役所 人権男女共同参画課 人権男女共同参画担当

〒816-0806 福岡県春日市光町1-73 福岡県春日市男女共同参画・消費生活センター(じょなさん)

電話:092-584-1201

ファックス:092-584-1181

メールアドレス:jyonasan@city.kasuga.fukuoka.jp