現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 安全・安心
  4. 転倒事故につながり危険 乗り入れブロックは撤去してください


転倒事故につながり危険 乗り入れブロックは撤去してください

最終更新日 平成31年2月28日

歩道と車道の段差や敷地と道路との段差に、段差解消を目的とした乗り入れブロックや鉄板などの構造物を設置することは、道路法違反です。

これは、乗り入れブロックなどの設置が原因で、歩行者や自転車、バイクの転倒事故につながる危険性があるためです。

万が一、乗り入れブロックなどが原因で事故が起きた場合、設置者(所有者または使用者)の責任が問われる場合があります。

全ての人が安全に、安心して道路を通行できるよう、道路上に設置した乗り入れブロックなどの構造物は撤去してください。

歩道の段差解消が必要な場合には

車庫への出入りなどのために歩道の段差を解消する必要がある場合は、歩道の切り下げ工事を行うことができます。

ただし、工事を行う費用は自己負担となり、事前に申請が必要です。

なお、歩道の切り下げは、1住宅につき原則1カ所までで、切り下げ幅は、乗用車の出入りで最大4メートルです。

地形によって異なる場合もありますので、事前に相談してください。

路上に置かれた乗り入れブロックの画像
路上に置かれた乗り入れブロック

切り下げ工事後の写真
切り下げ工事後

問い合わせ先

春日市役所 道路管理課 道路管理担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所3階

電話:092-584-1111(代表)

ファックス:092-584-1143

メールアドレス:douro@city.kasuga.fukuoka.jp