現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 安全・安心
  4. みんなで撲滅!春日市の犯罪


みんなで撲滅!春日市の犯罪

最終更新日 平成31年2月28日

春日市の刑法犯認知件数は、地域ボランティアなどをはじめとした市民の皆さんの積極的な防犯活動の結果、着実に減少しています。

しかし、未だに私たちのすぐそばで犯罪は起こっています。

犯罪について知ることで、自主防犯意識を高め、対策を講じ、犯罪から未然に身を守りましょう。

春日市内の犯罪発生状況(平成30年)

[刑法犯認知件数]

600件(前年比:101件減)

[身近な犯罪の認知件数(罪種別)]
  • 侵入盗(空き巣・忍び込み・居空き):27件(前年比:8件減)
  • 自動車盗:2件(前年比:1件増)
  • オートバイ盗:6件(前年比:4件減)
  • 自転車盗:191件(前年比:3件減)
  • 車上ねらい:13件(前年比:23件減)
  • 部品ねらい:7件(前年比:2件減)
  • ひったくり:5件(前年比:1件減)
  • 性犯罪:6件(前年比:2件増)
  • 万引き:52件(前年比:46件減)
  • 自動販売機ねらい:6件(前年比:5件減)

春日市内の3大犯罪

春日市内の犯罪発生の特徴としては、自転車盗、性犯罪、ニセ電話詐欺の3点といえます。

特に、性犯罪の件数は増えている上、性犯罪に至らないまでも、付きまとい、声掛けなどの前兆事案が多数発生しているため、十分な注意が必要です。

学生の場合は、登校中の午前7時~9時、下校中の午後4時~6時の間に、性犯罪や前兆事案の被害に遭う比率が高くなります。

犯罪を防ぐためには、登下校時の見守り活動など、地域全体の見守りが大切になります。

また、成人女性の場合は、帰宅時、そして駅の周辺で被害に遭う比率が高まります。

ニセ電話詐欺も多発しています。平成30年の春日警察署管内の認知件数は13件で、被害額は4639万円にも上ります。

特に多いのが「オレオレ詐欺」で、親族(息子)を名乗り、事業が失敗したなどと言ってお金を振り込ませ、だまし取る手口です。

また、市役所や公的機関職員などを装い、「現金を還付するため」などと言ってだます「還付金詐欺」もあります。

「電話でお金は全て詐欺 すぐに相談110番」という言葉を合言葉に、不審電話があった時は、1人で悩まず、まずは誰かに相談してください。

まち全体で力を合わせて

警察、行政、市民が一体となり、防犯パトロールや見守り活動、ニセ電話気づかせ隊などの活動を行っています。

皆さん一人一人の力が、春日市の防犯力を高め、安全安心なまちを作っていくのです。

犯罪を防ぐために対策を

犯罪被害を防ぐために、それぞれの事案に照らし、自分の行動を見直してみましょう。

自転車盗

  • 二重ロックを徹底する
  • 決められた駐輪場に駐輪する
  • 防犯登録をする

性犯罪

  • 帰宅時は、明るく人通りが多い道を選ぶ
  • スマートフォンを操作しながらなどの「ながら」歩きをしない
  • 防犯ブザーを活用する
  • エレベーター内では、周囲を見渡せて非常ボタンをすぐに押せる位置に立つ
  • 玄関ドアを開ける前に周囲を確認する
  • 室内に入ったらすぐに施錠し、就寝前に、再度玄関と窓の施錠を確認する
  • オートロックを過信しない
  • SNS(会員制交流サイト)の相手を安易に信用せず、求められても個人情報や画像の提供などをむやみに行わない

ニセ電話詐欺

ニセ電話詐欺は、手口が巧妙で、知っていてもだまされることが多く、特に高齢者を中心に被害に遭っています。

被害を防ぐためには、迷惑電話防止機能付き電話機などを設置することも有効です。

警察署での貸し出しの他、家電量販店などでも1万円程度で購入できますので、ぜひ検討してください。

[迷惑電話防止機能付き電話機]
  • 迷惑電話番号リストの電話番号を自動で着信拒否
  • 相手に通話を録音することを事前警告
  • 電話に出る前にアナウンスで注意喚起
  • 通話内容を自動録音

※ 家電量販店などで購入できます。貸し出しの受け付けは春日警察署生活安全課(電話:092-580-0110)まで。

オレオレ詐欺
[キーワード]
  • 携帯電話番号が変わった
  • 風邪を引いて声が変わった対策
[対策]
  • いつもの番号に電話して本人にもう一度確認する
  • 同僚や友人だと言われても、知らない人にはお金を渡さない
架空請求詐欺
[キーワード]
  • インターネット登録料が未納
  • 名義を貸して欲しい
[対策]
  • 心当たりのない料金請求は、無視する
  • 「名義を貸してほしい」は要注意
還付金詐欺
[キーワード]
  • 保険料や医療費を払い戻す
  • ATM(現金自動預払機)で簡単に手続きできる
[対策]
  • 春日市職員をかたる場合は、相手の言う番号ではなく、自分で調べた市役所の番号に電話し、事実確認をする
  • ATMを操作しお金が戻ることは絶対にないことを知っておく

犯罪に関する情報を知り、防犯意識を高めよう

時代の流れや社会情勢の変化に合わせ、犯罪もより巧妙化しています。

春日市が配信している「春日市総合情報メール」、福岡県警が配信している「ふっけい安心メール」、防犯アプリ「みまもっち」などを活用して、日頃から不審者情報などを入手し、自己防犯意識を高めましょう。一人一人が、普段の何気ない生活の中で少し行動を見直すことで、防ぐことのできる犯罪が多くあります。

自分自身や家族、友人などを守るため、大切な財産を守るためにも、自主防犯意識を高く持ち、犯罪に強い春日市を実現しましょう。

※ 「みまもり」アプリ「みまもっち」は、次のQRコードを読み取ってダウンロードできます。

App Storeからダウンロード
App StoreからダウンロードできるQRコード

Google Playからダウンロード
Google PlayからダウンロードできるQRコード

問い合わせ先

春日市役所 安全安心課 防犯安全担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所3階

電話:092-584-1111(代表)

ファックス:092-584-1143

メールアドレス:anzen@city.kasuga.fukuoka.jp