現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. イベント
  4. 開館20周年 奴国の丘歴史資料館


開館20周年 奴国の丘歴史資料館

最終更新日 平成30年12月28日

奴国の丘歴史資料館は、開館20年を迎えました。

平成10年12月の開館以来、これまで30万人以上の人が訪れています。

今後も資料館を拠点とし、調査や保存を通じて大切な文化財を後世に残していくとともに、

市民の皆さんにより親しんでもらえるよう、文化財の活用にも力を入れていきます。

開館20周年記念フォーラム 「弥生の王都 須玖岡本遺跡を語る」(無料)

「奴国」の王都として栄えた須玖岡本遺跡は、当時の最先端技術を持った国内最大級の青銅器生産工房跡が見つかるなど、全国的にも注目を集めています。

こうした遺跡の魅力や未来について、専門家や市民が語ります。

[日時]

平成31年2月24日(日曜日) 午後1時~4時20分(開場:午後0時30分)

[場所]

春日市ふれあい文化センター サンホール

[内容・講師]
  • 報告:「なるほど!須玖岡本遺跡」

    文化財課職員

  • 講演:「奴国の王都!須玖岡本遺跡」

    武末 純一(たけすえ じゅんいち)さん(福岡大学教授)

  • 発表:春日東中学校「東中塾」歴史探訪(奴国)コース受講生
  • 特別講演:「楽しもう!須玖岡本遺跡」

    禰冝田 佳男(ねぎた よしお)さん(文化庁文化財主任調査官)

  • 座談会:「つなごう!須玖岡本遺跡」

    武末 純一さん、禰冝田 佳男さん、秋枝 惠美(あきえだ えみ)さん(春日市自治会連合会会長)、坂井 一富(さかい かずとみ)さん(奴国の丘歴史資料館ガイドボランティア)、文化財課職員

[定員]

250人(申込先着順)

[申込方法]

平成31年1月7日(月曜日)以降に、電話、ファックス、Eメール、郵便、直接窓口のいずれかで、氏名、電話番号を伝える

[申込・問い合わせ先]

春日市奴国の丘歴史資料館(〒816‐0861 福岡県春日市岡本3‐57)

電話:092-501-1144 

ファックス:092-573-1077

メールアドレス:nakoku@city.kasuga.fukuoka.jp

民俗企画展「ムラの守り神~猿田彦・屋敷神」(無料)

昔から、人々は石造物に神を宿らせ、信仰の対象としてきました。

春日市内の各所でも、しめ縄をかけられた石碑や庚申塔を見ることができ、信仰が現代まで続いていることが分かります。

今回の企画展では、遺跡から発見された板碑や、春日市内に残る庚申塔や屋敷神の写真パネルなどを展示します。

[期間]

平成31年1月12日(土曜日)~3月3日(日曜日)(平成31年1月15日(火曜日)、2月19日(火曜日)は休館日)

[時間]

午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)

[場所]

春日市奴国の丘歴史資料館 特別展示室

問い合わせ先 

春日市教育委員会 文化財課 整備活用担当

〒816-0861 福岡県春日市岡本3-57 春日市奴国の丘歴史資料館内

電話:092-501-1144

ファックス:092-573-1077

メールアドレス:nakoku@city.kasuga.fukuoka.jp