現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 安全・安心
  4. 地震に備える


地震に備える

最終更新日 平成30年8月31日

平成28年4月には熊本県で震度7の地震が2度も発生し、大きな被害をもたらしました。

また、平成30年6月には、大阪北部地震が発生。さらに7月の豪雨災害では、全国的に甚大な被害が発生し、今なお避難生活を強いられている人がいます。

いつ、どこで、どのような災害が起きるかわかりません。

自分の身は自分で守るという意識を持ち、日頃から家族や地域で災害から身を守る方法、安全対策について話し合いましょう。

自助・共助の重要性

災害が起こった場合、消防署や市役所などの公的機関も被害を受け、市民の皆さんを避難させたり助けたりする公的な支援(公助)が素早くできないことがあります。

過去の災害において「自助・共助・公助」の重要性の割合は「7(自助)対2(共助)対1(公助)」と言われており、災害発生直後から数日間は「自分の身は自分で守る(自助)」と「自分たちのまちは自分たちで守る(共助)」が重要となります。

災害への備えは万全ですか?

災害時に行政が地域を支援できるようになるまでには、一般的に3日かかると言われています。

公的な支援が受けられるまでの備えとして、自宅に約3日分の水や食料などを備蓄しておきましょう。

[常備備蓄品(約3日分の備蓄品)]

飲料水(3リットル×人数×3日分)、食料3日分(アルファ米、レトルト食品、缶詰、インスタント食品)、簡易トイレ、のこぎり、ジャッキ、バール、ロープなど

[非常時持出品(避難するときに、自宅から緊急的に持ち出すもの)]

懐中電灯、携帯ラジオ、衣類、毛布、タオル、雨具、防寒具、貴重品、医薬品、生活用品など

※ 両手が使えるリュックサックなどにまとめて、目につきやすい所に準備しておきましょう。

[食品の備蓄法「ローリングストック法」]

レトルト食品や缶詰など、普段利用している食品を少し多めに買っておき、備蓄品として備えておく方法です。

食品を日常生活で消費し、消費した分を買い足して、常に一定量を確保しておけば、いざという時に利用することができます。

ブロック塀を点検しましょう

平成30年6月18日に発生した大阪北部地震では、ブロック塀の倒壊による死者が出ています。

ブロック塀は所有者の責任で管理しましょう。

ブロック塀の点検(自己診断)

5つのチェックポイント。

一つでも該当するところがあれば、春日市ウェブサイト | ブロック塀に関する相談窓口 に掲載している専門家に相談しましょう。

チェックポイント1

塀に鉄筋は入っていますか?

塀の中に、直径9ミリメートルの鉄筋が次のように入っているか調べてください。

この点検は、塀を造った施工者などと相談して行ってください。

[確認点]
  • 鉄筋は縦横ともに80センチメートル間隔に入っていますか。
  • 縦筋は頂部の横筋にかぎがけされていますか。
  • 基礎の下側の横筋にかぎがけされていますか。
  • 控壁の鉄筋は、入っていますか。
チェックポイント2

塀の傾き、ひび割れはないですか?

塀が傾いていたり、ひび割れていたりしていませんか。また、鉄筋が錆びていないか調べてください。

チェックポイント3

塀の高さが高すぎていませんか?

塀の高さは、地盤面から2メートル以下か調べてみてください。

チェックポイント4

基礎あり、根入れの深さは十分ですか?

鉄筋コンクリートの基礎は、地盤面から30センチメートル以上の根入れがされていることが必要です。

周りを掘って調べてみてください(「根入れ」とは、基礎のうち土の中に入っている部分のこと)。

チェックポイント 5

控壁はありますか?

控壁は、次の2点について調べてみてください。

[確認点]
  • 控壁は塀の長さ3.4メートル(ブロック8個程度)ごとにありますか。
  • 控壁の長さは40センチメートル以上ありますか。

スクールゾーンのブロック塀の点検

春日市内の小学校スクールゾーンのブロック塀は、福岡県那珂県土整備事務所建築指導課による点検調査が完了しており、中学校については、今後調査を開始する予定です。

[ブロック塀に関する問い合わせ先]

春日市役所 都市計画課 計画担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所3階

電話:092-584-1135

ファックス:092-584-1143

メールアドレス:tosi@city.kasuga.fukuoka.jp

地域を守る消防団

普段は仕事を持ちながら、火災をはじめとする災害から地域を守る存在の消防団。

災害現場での活動はもちろん、予防活動においても地域の安心と安全を守ります。

ボランティア活動をしたいと思っている人、地域のために何かできることを探している人など消防団の一員として活動しませんか。

興味のある人は、男女問わず気軽に安全安心課まで連絡してください。

問い合わせ先

春日市役所 安全安心課 消防防災担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所3階

電話:092-584-1111(代表)

ファックス:092-584-1143

メールアドレス:bousai@city.kasuga.fukuoka.jp