現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 市政
  4. 平成30年度国民年金保険料 免除、納付猶予の受付開始


平成30年度国民年金保険料 免除、納付猶予の受付開始

最終更新日 平成30年6月29日

経済的理由などで、国民年金保険料の支払いが困難な場合、申請して認められると保険料の納付を免除または猶予される制度があります。

免除や猶予を受けた期間は、年金の受給資格期間に算入される他、けがや病気で障がいや死亡といった不慮の事態が発生した場合、「障害年金」や「遺族年金」の受給資格要件の対象期間にも算入されます。

平成30年6月まで免除や猶予を受けていた人で、引き続き制度の適用を希望する人は、平成30年7月以降、早めに手続きをしてください。

ただし、前年度の免除・納付猶予申請承認通知書(決定通知書)に「継続審査申出受付済」と記載されている場合は、新たな申請は不要です。

また、免除を受けていない人の新規の申請も随時受け付けています。

[平成30年度分の免除または猶予の期間]

平成30年7月~平成31年6月(学生納付特例については、平成30年4月~平成31年3月)

※ 過去の期間については、申請書が受理された月から2年1カ月前まで申請が可能です(納付済の月を除く)。

[申請に必要なもの]
  • マイナンバーか基礎年金番号が分かるもの

    ※ マイナンバー通知カードの場合は、本人確認書類も必要です。運転免許証など官公署が発行した顔写真付きのものを持参してください。顔写真付きの本人確認書類がない場合は、健康保険証や年金手帳などの本人確認書類が2点必要です。

  • 印鑑、委任状(本人が手続きする場合は不要)
  • 学生証か在学証明書の原本(学生のみ)

※ 失業を理由として申請する場合は、雇用保険被保険者離職票や雇用保険受給資格者証などが必要です。

[免除・猶予の内容など]
国民年金保険料免除・猶予一覧(平成30年度)
免除・猶予の名称 平成30年度保険料
(定額16,340円)
免除・猶予期間の年金受給額 所得審査
所得基準 審査対象
全額免除 0円 全額納付した場合の2分の1 審査対象者それぞれの前年所得
57万円+扶養親族の数×35万円以下
【目安】
・4人世帯(夫婦と子2人など)の場合、162万円以下
・2人世帯(夫婦など)の場合、92万円以下
・単身世帯の場合、57万円以下
本人、
配偶者、
世帯主
4分の3免除 4,090円 全額納付した場合の8分の5 審査対象者それぞれの前年所得
78万円+扶養親族の数×38万円+各種控除額など以下
半額免除 8,170円 全額納付した場合の4分の3 審査対象者それぞれの前年所得
118万円+扶養親族の数×38万円+各種控除額など以下
4分の1免除 12,260円 全額納付した場合の8分の7 審査対象者それぞれの前年所得
158万円+扶養親族の数×38万円+各種控除額など以下
納付猶予
(50歳未満が対象)
0円 年金額として計算されない 全額免除と同じ基準 本人、
配偶者
学生納付特例 0円 半額免除と同じ基準 本人

※ 4分の3・半額・4分の1免除では、免除された保険料(表のとおり)を納めなければ未納と同じ扱いになります。

保険料の追納

免除や納付猶予の承認を受けた期間がある場合、保険料を全額納付したときに比べ、将来受け取る年金額が少なくなります。

このため、免除・納付猶予・学生納付特例の承認期間は、10年以内であれば保険料を後から納付(追納)することができます。

ただし、承認を受けた年度の翌々年度を過ぎて追納する場合は、当時の保険料に加算金が付きます。追納を希望する場合は、年金事務所に問い合わせてください。

問い合わせ先

  • 南福岡年金事務所

    電話:092-552-6128

    ファックス:092-541-7649

  • 春日市役所 市民課 年金担当

    電話:092-584-1111(代表)

    ファックス:092-584-1141