現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. その他
  4. 7月は「社会を明るくする運動強調月間」


7月は「社会を明るくする運動強調月間」

最終更新日 平成30年6月29日

犯罪や非行をなくすためには、取り締まりを強化して、過ちを犯した人を処罰することも必要です。

しかし、立ち直ろうと決意した人を社会で受け入れていくことや、犯罪や非行のない地域づくりをすることもまた大切です。

立ち直りを支える

立ち直りを支えるためには、一部の人だけでなく、地域の全ての人々がそれぞれの立場で関わっていく必要があります。 

罪を犯したり非行に走ったりした人が、社会で更生することができるようボランティアで手助けをしているのが保護司です。

再犯を防ぎ、非行をなくし、これらの人たちの立ち直りを助けるとともに、地域の犯罪・非行の予防を図る活動を行っています。

春日市では現在、21人の保護司が活動しています。

「社会を明るくする運動」は、保護司が力を入れている啓発活動の一つです。

全ての国民が、犯罪や非行の防止と、罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場で力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築こうとする全国的な運動です。 

インタビュー

筑紫保護区保護司会 春日支部長 金堂 雅文(かなどう まさふみ)さん

「自分がされて嫌なことは人にしなさんなよ」。最初の面談で私が必ず掛ける言葉です。

ボランティアとして保護司を務めて10年になります。

消防署勤務だったこともあり、これまで数々の現場に遭遇しました。

その中で更生を手助けできれば救える命があるのではという気持ちが芽生え、保護司を引き受けました。

最初の研修で聞いた「非行少年は不幸少年」という言葉が印象に残っています。

(保護観察の)対象者とは、月に2回ほど面談をしますが、いつも親身に話を聞き、味方になるように努めています。

これからも、自分なりのやり方で活動を続けていきたいと思います。

第68回「社会を明るくする運動」推進大会(入場無料)

[日時]

平成30年7月14日(土曜日) 午後1時~3時

[場所]

春日市ふれあい文化センター 旧館1階サンホール

[内容]
  • アトラクション:春日西中学校(アンサンブル演奏)、春日東中学校(笑顔を広げるボランティア部活動報告)
  • 春日市内小学校代表作文発表(春日東、春日原、春日西、春日野)
  • リサイクル自転車抽選会

筑紫保護区保護司会 春日支部保護司(敬称略)

保護司名簿
地区 氏名
須玖北 長野 義雄(ながの よしお)
日の出町 原 幸雄(はら ゆきお)
日の出町 段 裕明(だん ひろあき)
須玖南 松尾 秀則(まつお ひでのり)
弥生 木本 美香(きもと みか)
小倉 内野 明浩(うちの あきひろ)
昇町 小副川 千秋(おそえがわ ちあき)
大和町 金堂 実(かなどう みのる)
ちくし台 竹中 力(たけなか ちから)
宝町 森 二三夫(もり ふみお)
春日 白水 繁則(しろうず しげのり)
上白水 勝野 幸正(かつの ゆきまさ)
白水ヶ丘 岩元 忍忠(いわもと のぶただ)
上白水 金堂 雅文(かなどう まさふみ)
下白水北 柴田 俊太郎(しばた しゅんたろう)
下白水北 松本 孝明(まつもと たかあき)
下白水南 白山 義章(しらやま よしあき)
天神山 藤井 卓(ふじい たかし)
松ヶ丘 片野 明子(かたの あきこ)
松ヶ丘 内藤 徹(ないとう とおる)
塚原台 米田 勝正(よねだ かつまさ)

問い合わせ先

春日市役所 人権市民相談課 人権男女共同参画担当

〒816-0806 福岡県春日市光町1-73 福岡県春日市男女共同参画・消費生活センター(じょなさん)

電話:092-584-1201

ファックス:092-584-1181

メールアドレス:jyonasan@city.kasuga.fukuoka.jp