現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 子育て・教育
  4. 考えよう ケータイ・スマホ利用のルール


考えよう ケータイ・スマホ利用のルール

最終更新日 平成30年6月29日

学校は、もうすぐ夏休みを迎えます。

夏休みには、子どもたちも開放的な気分になり、軽はずみな行動をしがちです。

特に近年は、スマートフォンなどの利用に関わる犯罪被害や人間関係のトラブルが多発しています。

子どもたち自身が自覚すること、大人が配慮すべきこと、親子で一緒に考えてみませんか。

急増しています SNSに関するトラブル

多くの子どもたちが自分専用のスマートフォンや携帯電話を持ち、インターネットを通じてあらゆる情報を入手したり、SNS(会員制交流サイト)によってさまざまな人と知り合ったりすることが簡単にできます。

大変便利である一方、SNSなどに関するトラブルも急増しています。

[SNSに関するトラブル]
  • すぐに返信しないと仲間外れになるという不安などから、常にスマホを気にし、食事中や寝るときも手放せない
  • 友だち同士のSNS上のトラブルから、学校でのいじめに発展
  • SNSで知り合った人に言葉巧みにおだてられたり、脅されたりして、裸の画像を送信したところ拡散
  • 会ったことのない人に住所などを教えてしまい、つきまといの被害

身近に潜む危険 保護者の見守りが大切です

スマートフォンや携帯電話を持つことが当たり前ではありません。そもそも本当に必要なのか、何のために使うのか確認しましょう。

使用に当たっては、注意事項や危険性も伝え、使用のルールを子どもと話し合ってください。

また、日頃からしっかりとコミュニケーションをとり、子どもが普段と変わった様子はないか、困った様子はないか、いち早く気付くことが大切です。

生徒たちが考えた 春日中スマホの利用5カ条

  1. スマートフォン 10時就寝 6時起床
  2. スマホ利用 1日合計 1時間
  3. 許可を取ろう 写真や動画を 載せる前
  4. メッセージ 相手の身になり 再確認
  5. 簡単に スマホの情報 信じるな

非行防止に取り組んでいます 春日警察署少年補導員

「少年補導員」は、警察署の委嘱を受け、青少年の非行防止推進のために活動しています。

少年補導員が行う「補導」とは、捕まえることではなく、「補い・導く」活動です。街頭補導や相談活動を通して、問題を抱える子どもたちの早期発見、早期対応を行い、非行・不良行為にならないよう促しています。

[活動内容]
  • 街頭補導:公園やゲームセンター、コンビニエンスストアなど、市内のさまざまな場所を定期的に巡回しています。また、小学校の登下校時の安全確保にも努めています。
  • 相談活動:子どもたち本人の悩みや、子どもたちを取り巻く問題について、電話や面接などで相談に応じています。
  • その他の活動:自転車の無灯火運転を防止するために、声かけなどを行い、地域全体の安全にも目を配っています。また、小中学校の運動会などの学校行事にも積極的に参加しています。
[平成30年度春日市少年補導員の会 会員名簿(敬称略)]

春日市ウェブサイト | 少年補導員

問い合わせ先

春日市教育委員会 地域教育課 こども共育担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所4階

電話:092-558-1270

ファックス:092-584-1153

メールアドレス:kodomokyouiku@city.kasuga.fukuoka.jp