現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 環境・生活
  4. ペンキの流出事故発生


ペンキの流出事故発生

最終更新日 平成30年5月25日

平成30年5月に収集された「びん・カン」ごみの中に中身が入ったペンキ缶が混入していました。

このペンキ缶は、春日大野城リサイクルプラザに搬入され、ペンキが選別ベルトコンベア上で流出する事故が発生しました。

この事故により、ペンキをふき取ったり、ペンキによって汚れたびん・カンを取り除いたりするために、ライン全体を停止することとなり、ごみ処理作業の大きな妨げとなりました。

このような事故を防ぐため、ペンキ缶は、中身を空にした状態で、「びん・カン」ではなく、「陶器・金属類」で出してください。

使い切れなかった中身は、古布や新聞紙に吸い込ませ、乾燥させてから燃えるごみで処理してください。

ごみに紛れ込んだ白いペンキの写真

ごみに紛れ込んだ白いペンキの写真

空きペットボトルに紛れ込んだ白いペンキの写真

[問い合わせ先]

春日市役所 環境課 ごみ減量担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所3階

電話:092-584-1124

ファックス:092-584-1147

メールアドレス:gomigen@city.kasuga.fukuoka.jp