現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 市政
  4. 出前トーク「市長と語る」平成29年度報告


出前トーク「市長と語る」平成29年度報告

最終更新日 平成30年1月31日

市民と行政の協働のまちづくりを推進するための出前トーク「市長と語る」。平成29年度も全ての日程が終了しました。

平成13年度から開始したこの取り組みも17年目が終了し、通算実施回数は625回、延べ参加者数は2万830人、いただいた意見の数は8,075件になりました。

平成29年度の主な内容を報告します。

出前トークとは

市長、副市長、教育長と各部長が、春日市内35地区全ての公民館に出向き、参加者と意見交換を行います。

また、年に2回、障がいのある人や各地区での出前トークに参加できなかった人などを対象に、全体トークを行っています。

出前トーク次第(地区トーク)

  1. 自治会長あいさつ
  2. 市からの説明
  3. 市長あいさつ
  4. 意見交換
  5. 市長お礼のことば

春日市からの説明

出前トークでは、「市からの説明」として、情報提供をしています。

テーマは、各自治会が地域の実情に合わせ、次のような内容を選択しました。

  • これからの地域コミュニティ
  • 分かれば防げる!防犯講座
  • 悪質商法の被害に遭わないために
  • 春日市の空き家対策
  • 市民とともに歩み続けるコミュニティ・スクール
  • なるほど!介護保険
  • 犬、猫と暮らしていくために
  • 防ごう!高齢者交通事故
  • 防災について
  • さがしてみよう あるいてみよう地域の文化財
  • 早期発見!生活習慣病を予防しよう!
  • 自転車のルールについて
  • コミュニティバスについて
  • 春日原高架事業の進捗状況と駅周辺今後の展望
  • まちの魅力の発信について

市長あいさつ

市長が、市政の状況と主要な事業について、参加者へ詳しく説明します。

平成29年度は、高齢者祝金制度の見直しや高齢者運転免許証自主返納支援事業、介護予防ボランティアポイント制度など、高齢者福祉に関することを中心に説明しました。

また、子育て世代への支援策として、保育所の新設や子ども・子育て相談センターの充実、子どもの教育面については、小学校の大規模改修や春日市内小・中学校への空調設備工事の進捗状況などを報告しました。

あいさつの中で、間近に迫る超高齢社会への対応についても触れ、現役世代の減少とともに、春日市の財政状況も厳しくなることが予想されることから、春日市がこれからも活気あるまちであり続けるには地域(市民)と行政が手を取り合うことが必要であると語りかけました。

意見交換の内容

参加者から出た質問や意見に対し、市長や担当部長らが説明を行います。意見交換の内容を一部紹介します。

※ 各地区の意見交換の内容は、春日市ウェブサイト | 出前トーク「市長と語る」 | 出前トーク要約記録 で閲覧することができます。

※ 出前トークの内容をまとめ、最新の状況を反映した「平成29年度出前トーク年度末報告書」は、平成30年3月末頃から、春日市情報公開コーナー(春日市役所2階)や春日市民図書館(福岡県春日市大谷6-24)で見ることができます。

[問い]

近年、空き家を目にするようになってきた。今後の春日市の空き家対策について教えていただきたい。

[答え]

空家等対策特別措置法が、平成27年5月26日に施行され、春日市もこれに準拠しています。

春日市は、平成28年度に空き家の実態調査を行い、平成29年度は、空家等対策協議会を設置し、空家等対策計画の策定、周辺環境に悪影響を及ぼす特定空家等の判断に関する協議を行うことになります。

今後、場合によっては春日市が代執行する可能性もあります。

[問い]

自治会の未加入者対策として、春日市へお願いしたい。

ワンルームマンションなどは、転出入者の把握が難しく、結果として未加入につながっている。

春日市へ転入届を出しに来た際に、自治会加入を促す指導をしてもらえないか。

[答え]

市民課窓口で転入者に対し、自治会加入を呼び掛けるチラシを配布しています。

また、春日市の自治会の魅力を紹介する冊子を作成し、加入を呼び掛けています。

不動産開発業者や宅建業協会にも自治会加入協力依頼を行っています。

各部局ごとの主な意見内容と件数

各部局ごとの主な意見内容と件数
関連部局 意見数 主な意見内容
経営企画部 31件 ふるさと納税、市ウェブサイト、市報かすが、春日市の財政状況
総務部 9件 市営住宅、選挙
市民部 7件 総合案内、人権
健康推進部 59件 高齢者福祉、総合スポーツセンターの利用
福祉支援部 29件 子育て支援、障がい者福祉
地域生活部 115件 災害対策、交通安全、空き家対策、自治会加入促進
都市整備部 142件 道路整備、コミュニティバス、公園整備
教育部 79件 通学路の安全確保、学校生活、史跡や文化財の管理・活用
議会事務局 0件  

※ 意見によっては複数の部で対応する場合があるため、各部の意見数の合計は実際に発言された意見数とは異なります。

アンケート結果

意見の市政への反映度

意見の市政への反映度の円グラフ

意見の市政への反映度
意見の市政への反映度 割合
できている 37.2%
ある程度できている 41.6%
できていない 2.6%
わからない 18.6%

※ 表中の単位「%」は「パーセント(割合)」を表す。

何を見てまたは聞いて参加したか

何を見てまたは聞いて参加したかの円グラフ

意見の市政への反映度
何を見てまたは聞いて参加したか 割合
回覧用チラシ 38%
市報かすが 31%
誘われた 9%
総合情報メール 4%
春日市ウェブサイト 3%
ポスター 2%
その他 13%

※ 表中の単位「%」は「パーセント(割合)」を表す。

参加者の年齢層

参加者の年齢層の円グラフ

参加者の年齢層
参加者の年齢層 割合
10~29歳 8.9%
30~39歳 1.5%
40~49歳 9.2%
50~59歳 8.6%
60~69歳 22.2%
70歳~ 49.5%

※ 表中の単位「%」は「パーセント(割合)」を表す。

参加回数

参加回数の円グラフ

参加回数
参加回数 割合
初めて 21.8%
2~6回 38.2%
7~11回 19.4%
12~16回 13.8%
17回以上 6.8%

※ 表中の単位「%」は「パーセント(割合)」を表す。

出前トークを終えて

今年度も計38回の出前トークを終えることができました。

まずは、参加された皆さま、ご協力いただいた自治会の皆さまにお礼申し上げます。

延べ1,461人の方に出席いただきましたが、中でも50人を超える中学生や高校生が地区トークなどに参加してくれました。

意見交換の中で、中学生から「地域のために自分ができることは何か」と問われ、大変感心しました。

また、このような意見が出るのは、自治会をはじめとする市民の皆さまが、地域で子どもたちを育てていただいているからだと確信しております。

出前トークは、皆さまからの率直な意見をいただき、行政が見落としがちな視点に気づかせてもらえる貴重な機会です。

今後も、春日市の行政運営へのご理解、ご協力をいただければ幸いです。

春日市長 井上 澄和(いのうえ すみかず)

問い合わせ先

春日市役所 秘書広報課 広報広聴担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所5階

電話:092-584-1111(代表)

ファックス:092-584-1145

メールアドレス:koho@city.kasuga.fukuoka.jp