現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 環境・生活
  4. 平成29年9月10日は下水道の日 下水道について知っていますか


平成29年9月10日は下水道の日 下水道について知っていますか

最終更新日 平成29年8月31日

家庭や店舗、工場などからの排水(汚水)をそのまま河川や水路に流すと、悪臭や虫が発生したり、伝染病が広がったりする恐れがあります。

そのため、汚水管を整備し、処理場(御笠川浄化センター)に汚水を流入させ、福岡市、春日市、大野城市、筑紫野市、太宰府市、那珂川町の共同で、衛生的に処理しています。

また、川の水があふれたり、家屋が浸水したりする被害を防ぐために、雨水を速やかに排除する雨水管の整備も行っています。

これらの汚水管と雨水管を併せて、下水道と呼びます。

下水道使用料は、下水道の維持補修や下水の浄化などに必要な経費を、利用者の皆さんに負担してもらうものです。

汚水量に応じて、「使用料金表」のとおり、2カ月ごとに請求します。

水道水のみを利用している人は、水道水を使った量が汚水量となり、春日那珂川水道企業団の水道料金と併せて同企業団から請求されます。

井戸水のみを利用している人で、メーターを設置している場合は、その計測水量で算定し、メーターを設置していない場合は、居住者数で汚水量を算定します。

水道水と井戸水を併用利用している人は、水道水と井戸の使用水量の合計が汚水量となります。

この場合の居住者数によって算定される井戸の汚水量は、2分の1となります。

井戸水の利用がある場合は、直接春日市から請求します。

現在、井戸を利用している人でまだ届け出を行っていない人や、長期入院や施設入所、進学などで居住者数に変更があったり、利用を停止したりした場合は、下水道課まで連絡してください。

また、新しく井戸の利用を開始する場合も、下水道課まで連絡してください。

[井戸の居住者数での算定(1期(2カ月)当たり)]
  • 1人世帯:20立方メートル
  • 2人世帯:32立方メートル
  • 3人世帯:40立方メートル
  • 4人以上世帯:48立方メートル

※ 上水道利用者の世帯人数ごとの使用水量を参考にしています。

[使用料金表(2カ月分・税込)]
下水道従量使用料
汚水量 料金/m3
1~20m3 58円32銭
21~40m3 177円12銭
41~60m3 210円60銭
61~80m3 220円32銭
81~100m3 267円84銭
101~200m3 279円72銭
201~1,000m3 332円64銭
1,001m3以上 345円60銭

※ 表中の単位「m3」は「立方メートル」を表す。

※ 従量使用料(前述表)に加えて、基本使用料が一律1,512円掛かります。

※ 基本使用料は、汚水量が0立方メートルの場合も掛かります。

※ 従量使用料は、汚水量に応じて単価が変わります。

※ 金額は算出後、10円未満を切り捨てます。

下水道使用料計算の例(48立方メートル使用した場合)

[内訳]

使用料:

  • (1~20立方メートル)20立方メートル×58.32円=1,166.4円
  • (21~40立方メートル)20立方メートル×177.12円=3,542.4円
  • (41~60立方メートル)8立方メートル×210.60円=1,684.8円

基本使用料:1,512円

合計:7,905.6円

使用料:7,900円(10円未満は切り捨て)

問い合わせ先

春日市役所 下水道課 庶務担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所3階

電話:092-584-1134

ファックス:092-584-1143

メールアドレス:gesui@city.kasuga.fukuoka.jp