現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. その他
  4. みんなで創りみんなで支える 自治会に参加しよう!


みんなで創りみんなで支える 自治会に参加しよう!

最終更新日 平成29年4月14日

平成28年4月16日に発生した熊本地震から1年。

災害の恐怖を身近に感じた瞬間でした。

「遠くの親戚より近くの他人」。

いざというときに頼りになるのは、やはり地域のつながりです。

この機会に自治会活動について考えてみませんか。

自治会の現状

「自治会」とは、同じ地域に住む人々が生活環境の改善や、親睦、相互扶助のために集まった組織です。

地域に住む人たちが協力して、さまざまな活動に取り組んでいます。

しかし、生活様式の変化や価値観の多様化、転出入の激しさなどから、自治会活動に無関心な人がいることも事実です。

未加入者が増えると、自治組織としての本来の機能が失われるだけではなく、まちの治安や美観が損なわれることにもつながります。

少子高齢社会が進む中、個人では解決できない問題が増えていくことが予想されます。

今後は、地域の人たちが結束して、見守り活動を行ったり、子育てに協力したり住民同士の支え合いが必要となってきます。

また、積極的に地域活動に参加することにより、自身の健康維持や生きがいづくりにも役立ちます。

自治会に加入しませんか

春日市内には35の地区があり、それぞれ自治会を組織しています。

大きな課題については各地区自治会が協力して連合会としても活動しています。

自治会の活動や役割を知り、あなたもぜひ、この輪に加わりませんか。

自治会へ加入を希望する人は、住んでいる地区の公民館へ直接連絡してください。地区公民館が分からないときは、気軽に問い合わせてください。

インタビュー

須玖北地区の住人となって50年。嫁として母として、そして地域の一員として、地域に育ててもらったと感じています。

また、現役を退いた後は、少しでも地域貢献をしたいという思いで現在に至っています。

地域活動の手始めは、まず地域のことを知ることからではないでしょうか。

まちの様子、歴史、人、自治会行事、ちょっと興味を持ってみてください。

切れかかっていた防犯灯が取り替えられていたり、地域パトロールの人に出会ったり、道端のプランターが手入れされていたりなど、自分の地域を支えてくれている人がいることに気付くはずです。

次は一歩進んで、地域行事や活動に参加してみませんか。

共に活動することで地域の一員としての実感を得ることができると思います。あなたの一歩を待っています。

自治会活動を支えている人の多くは、自分の暮らすまちへの帰属感と展望を抱いています。

私は、これからも今を大切に、そして少し先を見通しつつ、日々の活動を重ねていきたいと思っています。

自治会活動を紹介します

ふれあいのまちづくり

  • 行事やイベントを開催しています

    夏祭りや運動会、文化祭などを通して、住民同士の交流を広げ、絆づくりを育んでいます。

  • 身近な情報を提供しています

    自治会だよりや回覧板を通して、生活に必要な情報や地域の情報を届けています。

地域の課題の解決

  • みんなに優しいまちづくりをしています

    高齢者の見守り活動を行ったり、高齢者や未就学児と保護者のためのサロンを開催したりして交流の場を作り、地域に住む人たちが互いに必要なときに助け合い、協力し合っています。

  • 地域の安全を守っています

    防犯パトロールや登下校の見守りなどの活動をしています。

    また、地域の自主防災組織で、防災訓練を行っています。

  • きれいなまちづくりをしています

    町内美化や資源回収を通して、暮らしやすいまちをつくっています。

公民館や防犯灯の維持管理

  • 公民館を管理しています

    自治会活動の拠点として、公民館の管理・運営を行っています。

    貸室による収入は公民館の維持補修の経費の一部に充てられています。

  • 防犯灯を管理しています

    暗い夜道を照らして犯罪などを予防し、安全で安心な暮らしを確保するために、防犯灯の設置・維持管理をしています。

問い合わせ先

春日市役所 地域づくり課 地域づくり担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所4階

電話:092-584-1117

ファックス:092-584-1153

メールアドレス:tiiki@city.kasuga.fukuoka.jp