現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 市政
  4. 開始予定 高齢者の運転免許証の自主返納を支援します


開始予定 高齢者の運転免許証の自主返納を支援します

最終更新日 平成29年2月14日

高齢ドライバーによる交通死亡事故件数、交通死亡事故全体に占めるその割合は増加傾向にあり、社会問題となっている中、平成29年3月12日に道路交通法が変わります。

春日市は、運転免許証を自主的に返納した70歳以上の高齢者に一定の支援を行う「高齢者運転免許証自主返納支援事業」を平成29年度から行うことを計画しており、予算案を3月定例市議会に上程します。

詳しくは、予算案が議決された後、市報(平成29年5月1日号予定)や春日市ウェブサイトなどで改めて案内します。

この機会に、自家用車に頼らない生活について考えてみませんか。

平成29年3月12日に変わります(道路交通法の改正)

75歳以上のドライバーの認知機能検査が厳しくなります。

[概要]
  • 一定の交通違反(信号無視、一時不停止など)をした場合に、検査・専門医の受診などが義務化されます。
  • 免許更新時の検査で機能の低下が見られると、交通違反をしていなくても専門医の受診が義務化されます。

※ 専門医の受診結果によっては、免許取り消しまたは停止となります。

申請による運転免許の取り消し手続き(自主返納)

申請に基づいて、福岡県公安委員会が免許を取り消す制度です。自主返納後「申請による運転免許の取消通知書」が発行されます。

[受付場所]

春日警察署(福岡県春日市原町3-1-21)(福岡県内各警察署、自動車運転免許試験場も可)

[受付時間]

午前9時~午後4時(土・日曜日、祝日、年末年始除く)

[必要書類]

申請書(受付に設置)、運転免許証

[手数料]

無料 

[申請方法]

必ず本人が窓口で行う

[その他]

運転経歴証明書の発行を希望する場合は、手数料(1,000円)と証明写真(3センチメートル×2.4センチメートル)が必要です。春日警察署内には写真機はありません。

[問い合わせ先]

春日警察署(免許担当窓口)

電話:092-580-0110(代表)

支援の申請(平成29年6月1日受付開始(予定))

[対象]

次の条件を全て満たす人

  • 平成29年3月12日以降に、有効期間内の全ての運転免許証を自主的に返納した人
  • 自主返納日において、70歳以上の人
  • 自主返納日および支援の申請日において、市民である人
  • 自主返納日から6カ月以内に支援の申請をした人

※ 更新期限を過ぎ、運転免許証が失効した人などは対象外です。

[支援予定内容(1回限り)]

交通系ICカード乗車券5,000円分(利用可能額4,500円)の交付

※ コミュニティバスやよいでも使えます。

※ 交付後のチャージは、春日市は行いません。

[注意点]

申請には、「申請による運転免許の取消通知書」の原本が必要です。

再発行できない文書ですので、大事に保管してください(運転経歴証明書は、支援の申請には不要です)。

問い合わせ先

春日市役所 高齢課 高齢者支援担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 春日市役所1階

電話:092-558-1205

ファックス:092-584-3090

メールアドレス:kourei@city.kasuga.fukuoka.jp