現在位置

  1. トップページ
  2. お知らせ一覧
  3. 安全・安心
  4. 平成29年3月に道路交通法が改正されます


平成29年3月に道路交通法が改正されます

最終更新日 平成28年12月26日

高齢運転者対策の推進などの一環として、平成29年3月12日に改正道路交通法が施行されます。

春日市民の皆さんは、次の内容をよく確認し、高齢運転者対策の推進にご理解いただきますようお願いします。

[改正道路交通法の主な内容]
  • 臨時認知機能検査

    75歳以上の運転者が、認知機能が低下したときに起こしやすい違反行為をしたときは、新設された「臨時認知機能検査」を受けなければなりません(違反行為例:信号無視、通行区分違反、一時不停止など)。

  • 臨時高齢者講習の新設

    臨時認知機能検査を受け、認知機能の低下が運転に影響する恐れがあると判断された高齢者は、新設された「臨時高齢者講習」(個別指導と実車指導)を受けなければなりません。

  • 臨時適性検査制度の見直し

    改正前と異なり、認知機能検査で認知症の恐れがあると判定された人は、違反の有無を問わず、医師の診断を受けなければなりません。

  • 高齢者講習の合理化・高度化

    認知機能検査の結果によって、受ける講習の内容などが変わります。

  • 18歳から取得可能な準中型免許の新設
[チラシ]
[問い合わせ先]

春日市役所 安全安心課 防犯安全担当

〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5 市役所3階

電話:092-584-1111(代表)

ファックス:092-584-1143

メールアドレス:anzen@city.kasuga.fukuoka.jp